イメージ画像

古新聞の賢い使い方〜キッチン編〜

古新聞はいろんな場面で活躍してくれます。
古紙回収に出すだけではもったいない!
我が家のキッチンで、古新聞が登場しない日はないかもしれません。

シンクの下や引き出しの湿気に悩んだことはありませんか?
古新聞には湿気を取る効果があるので、
湿気がこもりやすい場所に敷いてみるといいですよ。

古新聞は湿気取りだけじゃなく、臭い対策にも効果的。
臭い対策が必要なのは、ゴミ箱もそうですね。
ゴミ箱の下に新聞紙を敷くだけでも、臭いの強さが大分違います。
特に生ゴミの気になる時期には、ぜひ試してみてください。

お店で買ってきた野菜は、どうやって保存していますか?
すぐに傷んでしまって、困ることはありませんか?

新聞紙には、野菜の鮮度を維持する効果もあります。
白菜やキャベツ、大根などを新聞紙で包んでおくと、
そのままの状態で置いておくよりも長持ちします。

私は初めてキュウリを新聞紙で包んで保存したとき、
それまでよりかなり長持ちして驚きました!

揚げ物をしたときの油取りにも、古新聞が欠かせません。
重ねた古新聞の上に裏が白いチラシをおいて使えば、
ペーパータオルの節約にもなります。
揚げ物に使った廃油を古新聞に吸わせれば、環境保全にもつながります。

ペーパータオルや油凝固剤を節約できるだけじゃなく、
古新聞を活用すれば水質保全もできて一石二鳥です(^^)

 

■□PR□■

車買い取り

携帯代の節約術

使い方にもよりますが、毎月の携帯電話代って安いものじゃないですよね。
それももしかしたら、契約内容を見直すことで節約できるかもしれません。

自分がどんな内容で契約しているか、きちんと把握しているでしょうか?
使用しているプラン名や加入している有料サービスなど、全て答えることができますか?

今のプランがちゃんと自分に合ったものなのか。
必要のないサービスや機能はないか。
改めて確認してみるといいですよ。

契約内容を知るには電話で問い合わせてもいいですし、
携帯電話やパソコンからマイページにアクセスすると簡単です。
今では、利用状況に合ったプランを提案してくれ、
それが良いと思ったら変更までできるサービスもあります。

何より先にチェックしたいのは、通話料です。
家族同士でよく通話をする場合は、同じ電話会社を利用するのがおすすめ。
ほとんどの電話会社で、家族間通話無料サービスを提供しています。

まず最初にチェックして頂きたいのが「通話料」です。
通話料には、家族間同士などの無料通話分も計上されている場合があります。
記載された額の全てが請求されているとは限らないので、注意してください。
実質通話料という項目があるはずですが、
見当たらない場合は「通話料−(無料通話分+割引額)=実質通話料」となります。
実質通話料が0円に近ければ、最適な料金プランだといえるでしょう。

実質通話料が請求されているから料金プランを上げ、
無料通話分を増やせばいいかというと、そうとは言い切れません。
その場合は、「現在の料金プラン」と「現在より上の料金プラン」とで、
「基本使用料と実質通話料の合計金額」を計算して比べてみます。

逆に、無料通話分が余っている場合も同じです。
料金プランを変えると通話料単価も違ってくることを考え、
通話時間を算出してみてください。
場合によっては無料通話分が余っていても、
料金プランを下げると今度は損をしてしまうことも考えられます。

「よくわからない!」という場合は、
やはり電話で問い合わせるか、直接ショップに行って相談することをお勧めします。


このページの先頭へ